耳のお悩み

sp_bn01.png
web予約はこちら

中耳炎について

種類・症状

中耳炎は、菌の感染が原因で耳の穴の鼓膜に近い部分が炎症を起こす病気です。発熱したり、膿が出てきたりすることがあります。 鼻から入った菌が耳にまで感染してしまうケースが多いため、鼻と耳の距離が短いお子さまの方がかかりやすいといえます。また、免疫力が低下しているとかかりやすい傾向にあります。

  • 急性中耳炎
    中耳に膿が溜まり、鼓膜が赤くなります。
  • 慢性中耳炎
    中耳炎が慢性化したもので、鼓膜に穴があいて膿が出てきます。
  • 滲出性中耳炎
    鼓膜の内側に滲出液が溜まります。
  • 癒着性中耳炎
    鼓膜の一部が内側にへこみ、くっついてしまう状態です。
  • 真珠腫性中耳炎
    骨などを壊してしまう珍しい中耳炎です。

治療法

中耳炎の治療は、基本的には、飲み薬や点耳薬の抗生物質を使用します。膿がたくさん溜まっている時は、切開して膿を取り除く場合もあります。滲出性の場合も同様ですが、治療に時間がかかります。また中耳炎が慢性化しているケースや、癒着性や真珠腫性の場合は、入院が必要なこともあります。

外耳炎

種類・症状

外耳炎は、菌の感染が原因で耳の穴が炎症を起こす病気です。炎症を起こした部分が赤く腫れますが、鼓膜に影響はありません。痛みが強く、耳たぶを押したり引いたりするとさらに痛みが増します。

治療法

中耳炎の治療は、基本的には、飲み薬や点耳薬の抗生物質を使用します。 耳掃除のやり過ぎで耳の中を傷つけてしまい、外耳炎になることもありますので、できるだけ耳の穴はいじらないようにします。

耳鳴り

種類・症状

耳鳴りは、ずっと異音が聴こえる状態です。音の種類はさまざまで、周囲が静かになると気になります。 治療は、内耳や聴覚神経に対するお薬の治療が中心となります。初期段階の耳鳴りは治療しやすいので、早めに診察を受けましょう。

耳鳴りの原因
  • 外耳が原因の場合
    耳あかの溜まりすぎなどで、耳鳴りが起こります。
  • 内耳が原因の場合
    耳鳴りの原因で一番多いのが、内耳のトラブルです。 内耳の聴神経の機能が炎症を起こしたり、蝸牛が機能障害を起こしたりして耳鳴りが発生します。
  • 加齢などが原因の場合
    加齢などが原因で聴覚神経が衰えて難聴になり、そこから耳鳴りが発生する場合があります。
  • 精神的な原因の場合
    鬱状態から耳鳴りが発生する場合があります。また逆に、耳鳴りが鬱状態を引き起こす場合もあります。

難聴

種類・症状

難聴には、大まかに4つの種類があります。

伝音性難聴

音は、外耳道から鼓膜、耳小骨、そして蝸牛へと伝達されます。蝸牛までの伝達のどこかでトラブルがあり、蝸牛まで音が伝わらないことが原因の難聴です。そのトラブルとしては、耳あかや炎症、腫瘍、血流障害などが考えられます。鼓膜切開や鼓膜チューブでの治療のほか、中耳奇形などの場合は手術で治療することもあります。

感音性難聴

音の振動が電気信号に変換され、蝸牛から大脳に伝わって脳が認識し、私たちは音を聞くことができます。しかし、蝸牛がトラブルを起こし、脳に電気信号が伝わらなくなることで聞こえが悪くなることがあります。これが感音性難聴です。現代の医学では治療が困難とされ、人工内耳や補聴器といった方法で対応します。

混合性難聴

伝音性難聴・感音性難聴いずれも併せ持っているのが混合性難聴です。

心因性難聴

耳の機能に問題がなくても、精神的なストレスなどメンタル的な要素から難聴になることがあります。心因性難聴は女性に多く見られる症状です。近年では、ストレスを抱える子どもにも増えている症状です。心理療法などで治療を行ったり、ストレスの原因を特定してそれを取り除いたりすることで、ストレスの軽減につなげ、治療します。

その他、よくある耳の病気

耳垢塞栓

耳の穴に耳あかが詰まり、栓をしてしまうことです。聞こえが悪くなるのはもちろん、外耳炎を引き起こすこともあります。 この場合、耳あかを顕微鏡で確認しながら綿棒やピンセットで除去します。 ご家庭では無理に耳あかを取ろうとすると耳の穴を傷つけてしまう場合もあるので、医院で取ることをお勧めします。 生後1カ月の赤ちゃんでも耳あかの掃除が可能です。

急性感音性難聴

片側の耳が、突然聞こえなくなる症状です。 ストレスやウイルス感染などが原因で、投薬により治療します。

院内掲示板
web予約はこちら