鼻のお悩み

sp_bn01.png
web予約はこちら

アレルギー性鼻炎・花粉症

症状

アレルギー性鼻炎・花粉症は、花粉やハウスダストなどのアレルギー原因物質(アレルゲン)に、神経が過敏に反応することで、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状が引き起こされる症状です。 代表的な症状は春のスギ花粉症で、日本人の4分の1はスギ花粉症といわれています。

治療法

アレルギー性鼻炎・花粉症の治療法には、主に4つの方法があります。医師と相談しながらご自身に最適な方法を選んでいきましょう。

アレルギー原因物質(アレルゲン)の除去と回避

アレルギーを誘発するスギ花粉を、マスクをしたり外出を控えたりすることでシャットアウトします。

薬物治療

お薬(内服薬や点鼻薬)などを使用して、アレルギー症状を緩和させます。 アレルギー性鼻炎のお薬は年々進化しているので、以前に比べて眠気などの副作用は少なくなりました。 また、子どもの患者さまには、香りの選べるネブライザー(吸入器)もご用意しています。 「副作用は少しでも少ない方がいい」という方には、漢方薬も処方いたしますので、ご相談ください。

手術療法

鼻粘膜をアルゴンプラズマで焼くことで、アレルギー性鼻炎の症状を軽減し、お薬の量を減らすことができます。花粉症の発症前に行うのがポイントです。麻酔注射を打ち、30分ほどで完了します。

アレルゲン免疫療法

アレルギーの原因となるアレルゲンをあえて体内に投与することで、身体をアレルゲンに慣れさせ、症状を和らげる治療法です。投与するアレルゲンを段階的に増やしていくため、治療は3~5年程度かけて行います。 7割程度の患者さまに有効です。また完治には至らなくても、服用薬を減らす効果が期待できます。

副鼻腔炎

症状

鼻の内部の副鼻腔が、細菌などが原因で炎症が起きる症状で、鼻づまりや鼻水、頭痛などが引き起こされます。 慢性化すると副鼻腔の中に膿が溜まります。いわゆる蓄膿症と呼ばれるもので、のどや鼻の不調はもちろん、精神的にもイライラしがちになり、日常生活に悪い影響を与えます。 鼻炎のある人がかかりやすく、特に頬に痛みのある人は要注意です。

治療法

検査では、ファイバースコープを使って患者さまと一緒に鼻腔内を観察し、症状を確認します。場合によっては、レントゲンで精密検査をすることもあります。 治療法としては、ネブライザーを用いるほか、マクロライド(抗生物質)を投与する方法などがあります。

鼻出血

原因

文字通り鼻の中から血が出る鼻出血は、鼻の粘膜にキズが付いていたり、弱くなっていたりすることが原因です。そのため、鼻にトラブルを抱えている花粉症や副鼻腔炎の人がなりやすいといえます。 鼻をいじるクセがある人や、高齢の方で薬の副作用で出血する場合もあります。

治療

出血を何度も繰り返すと、キズの部位が弱くなり、余計に出血しやすくなります。 治療法としては、まず出血部位を特定し、「バイポーラ」という電気メスで、鼻粘膜の毛管を焼きます。 お子さまの場合、軽症であれば、綿棒に硝酸液を浸して鼻粘膜の毛管を焼きます。

止血方法

鼻出血の止血には、一般的に圧迫止血を行います。 またお子さまの場合は、鼻に綿球を入れて止血します。 その他、止血用の内服薬もあります。

その他、よくある鼻の病気

鼻前庭炎

鼻の穴の入口内側が、ブドウ球菌などの細菌に感染して炎症を起こした状態です。鼻毛が生えている根本に吹き出物やかさぶたができたりします。治療には抗生物質を使用します。

歯性上顎洞炎

虫歯や歯周病などの歯のトラブルが原因で、副鼻腔炎になってしまう状態です。鼻水や鼻づまり、頭痛などの症状を引き起こします。抗生物質で治療することができます。慢性化していた場合は、歯の治療を行わないと根本的な問題が解決しません。抜歯したところから、上顎洞内に溜まった膿を取り除きます。

院内掲示板
web予約はこちら