睡眠時無呼吸症候群

sp_bn01.png
web予約はこちら

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群と「SAS」とも呼ばれ、睡眠中に何度も呼吸が止まることで無呼吸状態になり、一時的に脳に酸素が行き渡らなくなる症状が続く症状です。日常生活にさまざまな障害を引き起こす病気です。

肥満傾向にある中年男性だけではなく、痩せている人や、更年期を過ぎた女性にも多く見られる症状です。

症状

いびきが大きい

慢性的ないびきがある方は注意しましょう。近くの人がうるさくて寝られないほど大きないびきの場合が多く、呼吸が止まる時には、一緒にいびきも止まります。
呼吸が数十秒間止まり、その後にあえぐように呼吸が再開し、再び大きないびきをかき始めるのが特徴です。

寝ている時、息が止まると言われる

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に10秒以上の呼吸停止が、1時間に5回以上(もしくは一晩に30回以上)の無呼吸状態が起こります。

日中の眠気

睡眠時無呼吸症候群になると、常時睡眠不足になるので、日中にボーっとしたり、注意力が散漫になったりしがちです。居眠り運転や交通事故の原因にもなります。

起床時の頭痛

睡眠中に呼吸が止まるため、脳の酸素欠乏と二酸化炭素の上昇により、起床時に頭痛が起こるようになります。

その他、以下の症状が見られた場合、睡眠時無呼吸症候群の可能性があるので注意しましょう。

  • 夜に頻繁に目が覚める
  • 夜間にトイレで起きることが多い
  • 寝相が悪い
  • 寝汗をかく
  • ED(勃起不全)
  • 記憶力低下
  • 集中力低下
  • 足のむくみ

原因

睡眠時無呼吸症候群の原因は、気道が狭くなり呼吸しづらくなることにあります。 気道が狭くなる原因としては、

  • あごが小さい
  • 扁桃肥大
  • 首周りの脂肪
  • 鼻の構造的な問題(鼻中隔湾曲症など)
  • 舌が大きい

などが挙げられます。

睡眠時無呼吸症候群の人には、肥満傾向の人が多いので、メタボリックシンドロームとの関係もあるといわれています。
また、お子さまの場合は漏斗胸、おねしょや夜泣きなども関連しています。

危険性

睡眠時無呼吸症候群は、高血圧や心臓病、脳卒中、糖尿病などのいわゆる生活習慣病と密接な関係にあるといわれています。
重度の睡眠時無呼吸症候群になると、およそ4割の人が上記の病気を併発し、9年後に死亡するというデータがあります。
睡眠時無呼吸症候群は、放置しておくと非常に危険な病気なのです。

治療法

睡眠時無呼吸症候群の治療にはさまざまな方法があります。

CPAP療法

睡眠中の無呼吸状態を防ぐために、CPAP装置からエアチューブで鼻マスクから気道へと空気を送り込みます。装置は医療機関からレンタルされるのが一般的で、保険診療が適用されます。

マウスピース

マウスピースを使用することで、下あごを上あごよりも前方に出すように固定し、上気道を広く保つようにします。症状が比較的軽度な場合に有効です。

外科的手術

睡眠時無呼吸症候群の原因が、アデノイドや扁桃肥大といった場合は、摘出手術が有効です。原因そのものを取り除く根治療法となります。

検査方法

睡眠時無呼吸症候群の原因を調べ、進行の度合いを観察したり、治療法などを決定したりするために、「終夜睡眠ポリグラフ検査」を行います。

検査機器を体に装着して、一晩睡眠を取っていただき、脳波や眼球運動、呼吸運動、心電図、酸素飽和度、脚の動き、いびきなどを観察します。
そのデータから、睡眠の質や無呼吸の有無などを解析・診断します。
検査に痛みはありません。夜、宿泊(検査)し、翌朝には帰宅して頂けます。

院内掲示板
web予約はこちら